• アーカイブ
  • カレンダー
    10月 2020
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    ブログカテゴリ
    過去の記事

スタッフBLOG

Home » スタッフBLOG

安芸(秋🙂)の宮島

2016年11月01日

11月に入って、、、紅葉🍁を見に行こう!!と色々探してみたけど県内どこも”まだ🌿青い”ということで急遽ニモを見に行きたがってた子供の意見を採択!

宮島水族館に行くことに😅

遅い午前に出発となりました。
肌寒いけど幸いなことに晴天☀️😁!
いつ来ても厳島神社、鳥居⛩は雄大!多くの外人フェイス(毎回、何億分の1の確率でも誰か知ってる人来てないか?!と、あり得ない感動の再会を期待しています、、、今回も知ってる顔は無かった😑)がこの世界遺産の知名度を物語っています。

ここ宮島も(ほのかな期待してたけど)葉は色付いていませんでした。


そして更に奥、宮島水族館に到着。2年3カ月ぶりに来ました(水族館にはです)。
綺麗な館内、平日で程よい人の数。
お目当のニモにドリー。魚他多数🐠🐟。スナメリにペンギン、カワウソ、アシカ、、

可愛い動物たちもいていい気分転換😄

そして更にこれでもか!のシラスごはんを食して帰りました。

帰り、、、皆爆睡😅
家族が喜んでくれたらそれでいいのです😂

[この記事を読む]

英国の思ひ出3  🇬🇧🇧🇩(長文)

2016年10月27日

前回は8/10、その前第一回は5/19に書きました。宜しかったら(話の都合上)目を通して見てください。😆

在英中、1998年夏から2008年11月までバングラデシュ人🇧🇩家族と一緒に住んでいました。市営住宅(カウンシルハウスと言う)ですか、間借りで。アパート的な造りの建物でウチは構造上2階が入り口、そこに2部屋、台所に風呂トイレ(ユニット)、階下に2部屋、トイレに庭(8/10投稿の絵参照願います。でも分かり辛いでしょうが)でした。
バングラファミリー5人(パパ、ママ、娘、息子2人)が上の2部屋。自分は下の2部屋のうちの1部屋を借りていて、もう1つの小部屋の方は色んな人が入っては出てを約1年ぐらいで繰り返していました。

自分は長く住み続けていました。キレイじゃなかったけど男1人やもめ暮らし、そういうトコは気にかける必要も無し!  安かったし、少し広い部屋だったし、、、その辺の諸事情、諸問題も前回前々回に記しています😅

時は経ち2006年。

いつものように自分、そしてもう一つの小部屋にはイラン人🇮🇷の当時40代後半のオッチャンが住んでいました。イラン人のオッチャンは重労働に嫌気がさして(某大手スーパーのマネージャーまで上り詰めた、、らしい)全てを投げ出してしまった人。普段ず〜っと部屋にこもってて、たまに一緒に語ろう!俺の部屋に来い!と言ってくれてました。フレンドリーではあったけど、篭りきりで巨きくなってしまった身体、伸ばしっ放しのヒゲ、そして、、、異臭(体臭)😑、、行きたくはなかったけどしつこく誘うので、語りに(まぁ話を聞いてあげに)隣室に行ってました。それなりに盛り上がることもあったけど、、。(あ、強いていえば風貌、見た目は今の太ったマラドーナ)
その頃、バングラデシュ家族は近くに住むバングラ婆ちゃん(70代)の体調が優れないということで、家族全員でその婆ちゃんの所へ移って行きました。

そこで空いた2つの部屋。これらを早速誰かに貸し始めました。とてもしたたか。隙間は必ず埋める。バングラママは強い人でした。
そしてその2部屋に入って来たのが、とても静かな小柄なドイツ人男性2人(いたのか?実際ほとんど会っていない)ともう一部屋はズングリムックリ(初見40代)の中東系男と北欧系の白人女性(初見20代前半)カップル😮。何故にこの組み合わせ⁈ でもこのおじさん凄いな、やるなと思っていました。

まぁ自分は仕事で部屋をあけることがほとんどだったので情報の大半は隣室のイラン人のオッチャンから入ってきました。そのカップルとはたまにキッチンで鉢合わせした時に”Hi!”程度の挨拶するぐらいでした。

1〜2ヶ月ぐらいたったある夜、久々に自分が台所にいるとそのズングリムックリ(後にアルバニア人と知る。アルバニア、、どこか分かります?)が「オイ!」と。 「お前もキッチン片付けろ!」と。 掃除当番とかはなく基本使って汚した人ゴミを出した人がキレイにし、捨てる持ち帰るというスタンスの所だったので「俺は普段使っていない。このゴミは他の奴らが散らかしたんじゃないのか?」と反論。 でも「お前が、、、お前も、、」、、「だから俺は使っていない!」、、とやや口論。 「じゃあお前キッチン使うなよ!」、、「だから〜使うこともあるけど(ここに長く住んできて)キチンとしてきたから、、他の奴らの片付けまではしな、、」バタン🚪(奴のドアを閉める音)みたいな感じで終わったと思います。少し短期だな、でもわりと綺麗好きなんだなズングリ(アルバニアは欧州の一部です)くんは、、。

 

、、、数日経った夜明け頃かな、、ダンダンダンと数人が階段を駆け下りて来る音。それは外ではなく明らかにウチの中の階段。

そしてドンドン ドンドンと激しく自分の部屋のドアを叩く音。誰だ⁈ 知らない声。恐くもあったけど寝ぼけと起こされた苛立ちで「誰?」とドアを開けたら立ってたのはpolice のダウンを羽織った警官が3〜4人👮👮🏻‍♀️。勿論警察のユニフォームで。

?❓????⁈⁈は??
そして自分の部屋になだれ込み軽く家宅捜査ならぬ部屋捜査。コラコラ、プライベートな部分を色々と触るんじゃない!😅、、、というか何故❓

隣のイラン人のオッチャンも半身裸の格好(まぁ彼の寝姿で)キョトンとしている、、、。

しばらくすると警官たちは上へ(玄関の方へ)戻って行き1〜2人残して帰っていった。

ず〜っといる警官。それでも8時頃仕事に行かなくてはいけなかったので玄関に立ってる警官に「出ていい?」と聞くと「どうぞ」と笑顔で。一体何があったんだ〜〜⁇
モヤモヤしながら仕事。そして21時頃に帰宅。家はさすがにいつもの静けさを取り戻していた。早速イラン人のオッチャンに聞くと、、、、
上の階の例のズングリが警察に連行された😧🙀!と。

更に聞けば彼は銃を所持😱していて、しかもウチに届いてた皆の手紙などを開封し個人情報等を得てコンピュータ等で操作。お金等を引き出そうとしてた、、、と。(イギリスは銃所持は当然違法です)😡。

”お前、もしかしたらあのズングリに撃たれてたかもしれなかったね”と。ゾ〜〜〜〜😱

機嫌の悪すぎる時にあの日の口論でもしてたらその可能性もあったかも、、。マジか〜〜!冗談じゃない❗️

「んで、あの彼女は?白人の彼女」と聞くと

”実は彼女が通報した”と。彼女はポーランド人。19歳だったか。知り合って軽く付き合い始めたはイイが段々付き合いきれなくなったから通報した、、みたい。

彼女の姿がないなと思ってるとズングリの仲間たちからの報復があるかも知れないから既に発った、、と😅。コワっ。でも結果的に彼女に助けられたことに。とても複雑な気分でした。

2006年頃といえば、2005年7月にあったロンドンテロの悪夢がまだ人々の脳裏に焼き付いてた時期。警察やMI6(諜報機関)がピリピリしてた時期。そんな時に通報があって突入したら銃所持者が見た目は中東系っぽい、、怪しい❗️(隣のドイツ人はその時いたのかどうか。とにかく影が薄かったな)。そして階下に駆け下りドアを開けるとイラン人(アジア、中東系)。しかもそういう風貌。怪しい❗️

もしやここはそういった一味のアジト?、、と警官がもう1つのドアを開けたら眠気まなこの日本人(自分、超アジア人)が出てきて、、、ん⁉️

アジトでも何でもなく、たまたまそこの一室を借りていたズングリ•アルバニア人のみが容疑者ということで落ち着いたみたいでした。

イラン人のオッチャンは大家のバングラ•ママに”誰でも彼でもよく見ずに入居させるんじゃない❗️”と説教たれてました。

早朝から家宅捜査(とばっちりだけど)で警察に踏み込まれるという経験をさせていただきました。

イギリスは他民族国家。中東、アジアの人たちも2世3世が普通に暮らしています。だから昨今のテロ(そういう人たちの一部が豹変してしまう)には本当に困っています。信じたいし仲間と思っているのに根底にはやはり深い何かがあるのです。

その後数ヶ月してイラン人のオッチャンは弟が仕事を紹介してくれて仕事をまたしたくなったとバーミンガムへ帰っていきました。そうちょうどあれから10年。どうしているか。

会えるものなら会いたいな。名前、思い出せない、、、典型的なモハメドだったかな。

[この記事を読む]

両親を祝う👴👵

2016年10月16日

今月、17日がウチの両親の46回目の結婚記念日🎊。

本日、1日早いですが、某寿司屋でですが祝って来ました😄。

定番の当時はどうだったとかこうだったとかを聞き、ナレソメや経緯。毎回聞いててもまた一つ新しい何かが話に加わっています。

100%当時のことを聞き出すのは無理でしょう(当然忘れてもいるし、、)。でも聞く度に出て来る知らなかった話を一つ一つ構築して、当時の事がおぼろげながらでも想像できてイイものです。
それからかずっと店を切り盛りし続けてくれた両親。2人とも一種の職業病で背中が曲がってしまったけど、いつまでも元気でいて欲しいものです。 

少なくともあと4年、金婚式は迎えてもらわなければ❗️ 

そして人生の大先輩をもっと敬わなければ😀

と思う1日でした。

[この記事を読む]

虫嫌いの方は見ないでね。

2016年09月28日

朝から雨☔️😔。何気に外を見てたら、ガサガサっと緑色が登ってきました。昆虫界の隠れ王者、カマキリ君(さん、、メスかな、、腹の具合からして)。

おぉ、まだ生きてるんだね、いるんだね、昆虫は。あのうだるような暑さはなくなったけど、まだ寒いっていう程でもない。
よろよろヨロヨロ、、技なのか、、晩年の動きなのか、、。

背中を持つとカマキリらしく身体をやや反ってカマを使って外しにかかってきました。

まだ力あったな〜〜。
しばらく窓周辺を動き回って気が付いたらいなくなってました。
もう9月も終わり、、今年最後のカマキリかな〜〜。

[この記事を読む]

ぶどう狩り

2016年09月19日

昨日、周南市須金にぶどう狩りに行って来ました。

家族皆が大好きなぶどう🍇😆。

スーパーだと安くはないし、、、行ってみるか!現地で買うと多少値段は優しいでしょ!、、ぐらいの軽い感覚で😅
”○○狩り”なんていうのも、、そうですねェ、、子供の頃以来だからざっと30数年ぶりってことになりますね。だからそういう懐かしさなんていうのも味わいに出向きました。

一応周南市で地元でもあるし、、、😅
行ってみると、幾つかの名前の農園があり、まぁ天気がとても悪かったのでどこも車はまばらに感じました。

今の時期にしては少ないのか?これが普通なのか?やはり天気のせいか?

色々考えてひとつ何気に入りました。

そして既に店舗的なトコで売ってあったぶどう🍇や梨、絞りたてジュースみたいなのを無視して頑なに”ぶどう狩り”を頼んで農園に案内してもらいました。

実際行って聞いて見て思ったのが、現地で買うのは決して安くはないということ😑。

スーパーのとは確かに大きさも違う!だから重さも違う!キロ¥1200ぐらいって言われたかな、、。
ぶどうは種無し系に赤、緑、紫系など多くの種類があるのにはビックリ!しました。

そしてようやく今日買ったうちの一房を頂きました。でかい!甘い!水分量、歯応えもイイ😄!

やはり高級品は美味でした。

今度誰かにプレゼントしてもらおう、、、😅

台風の影響がありませんように。

こういうことを考えると農家の方は大変ですね。

[この記事を読む]


山口県周南市遠石1-5-50
TEL.0834-31-2332(予約優先)
営業時間 AM8:00〜PM:19:00
定休:月曜・第一火曜・第三日曜
Copyright©2020 KING A BONDS All Rights Reserved.